労働問題相談窓口

相談内容とユニオンからの回答は公開されます。個人名や会社名を伏せて相談ができます。
(特定される情報や不適切な内容を含む場合は事務局にて伏せ字にした上で公開させていただきますが、内容によっては公開されないこともあります。)

名前(必須)
題名(任意)
内容(必須)

精神2級職場の雰囲気について2016年9月22日(木) 12:40
私は統合失調症(精神障害2級)なのですが、加入することはできますか?

相談したいことは、職場の雰囲気についてです。
上司の能力や同僚との関係に不安を感じていて、契約更新のたびに更新していいものかどうか不安になります。3年以上勤めていますが、ずっと落ち着かない感じでストレスを感じています。
上司は悪い人ではないのですが、口調が強いので委縮してしまいストレスになっています。職場をなごませるためという感じでみんなの前でバカにされたこともあります。
発達障害の同僚は感覚が鋭いせいかこちらの行動に必要以上に入ってくる人が多くて困ります。障害特性を理解していない職場だと感じます。私はもっと静かな環境で仕事がしたいと感じてストレスを抱えています。

ユニオン事務局Re:職場の雰囲気について2016年9月23日(金) 11:00
もちろん精神障害の方の加入を歓迎いたします。
今のところ精神障害者雇用に慣れた会社はほとんどないと言ってもいいでしょう。
円満にはたらくには、会社と当事者、お互いの努力に頼るだけでは限界があります。
事実、精神障害の人のおよそ半数が6ヶ月ほどで退職してしまっているというデータもあります。精神障害の人が安心して長くはたらくには、まだまだ難しい課題が多くあるのが実情です。
ソーシャルハートフルユニオンには精神障害の人が大勢加入されており、これまで多くの会社と話し合いをしながら蓄積してきたノウハウがあります。
ぜひ加入をご検討ください。

相談内容についてですが、まず重要なのは、職場の環境が改善されれば今の会社で長くはたらき続けたいという意思があるかどうかです。
会社に対して、無理なく実現できる(過重な負担にならない)具体的な配慮項目を要求して、少し様子を見ることも必要になるでしょう。
会社が要求を無視したり、誠実に対応しなかったりすることは合理的配慮を提供しないということだけでなく、労働契約法上の安全配慮義務に違反しているとも考えられます。また「みんなの前でバカにされた」ことは、(内容にもよりますが)障害者虐待防止法で禁じられた心理的虐待に抵触する可能性があります。こちらも使用者責任が問われます。

環境さえ改善されれば長くはたらきたいとお考えでしたら、ユニオンから「組合加入通知書」を送ってみるという方法があります。通知書を受け取った会社や経営者が、「(相談者さまが)何か不満を抱えている」と気づき、すぐに面談を行うケースがほとんどです。その話し合いの席で、思っていることを具体的に伝え、はたらきやすくなるよう求めていきます。
時間がたっても改善されない、反応がないといったケースなら、次に「(改善)要望書」を送ったり、団体交渉での話し合いを求めたりしながら、ユニオンと会社で話し合って解決を目指していくことになります。

山梨県在住組合加入2016年9月6日(火) 16:07
私は双極性障害の30歳です。精神障害3級で障害者雇用の正社員です。
障害者として働くのは今の勤め先が初めてです。
入社と同時に会社の労働組合に加入させられました。
会社の組合は健常者のためという感じで、話を聞いてくれません。
二重に加入することになりますが、貴組合に加入することは可能ですか。
教えてください。よろしくお願い致します。

ユニオン事務局Re:組合加入2016年9月8日(木) 14:41
労働組合の二重加入そのものは可能です。
ソーシャルハートフルユニオンは、はたらく障害者専門の労働組合ですので、相談者様の加入を歓迎します。
これまで、障害者に特有の悩みや不利益の改善には数多くの実績がありますので安心して加入をご検討ください。
ホームページの資料請求ページから入力いただければ詳しい資料を送りますのでよろしくお願い致します。

1点だけ注意が必要です。
それは、会社の労働組合に脱退を申し出ることについてです。入社と同時に加入させられたとのことですから、会社と労働組合がユニオンショップ協定を結んでいる可能性が高いでしょう。ユ・シ協定に、社内労組を脱退したものは自動的に解雇との規定がある場合であれば、必ずトラブルになります。

二重加入の場合、どちらにも会費がかかってしまうマイナスがありますから、資料を読んでいただいて慎重に検討してください

東京都 匿名希望組合への加入について2016年9月12日(月) 11:13
私の会社には組合はあるけど、契約社員のため加入する権利がありません。
正社員のための組合です。けして、待遇が悪いというわけではないのですが、正規雇用との差は大きいです。契約のたびに次の契約をしてもらえなくなるのでは・・・と不安を抱えているためユニオン加入を考えています。いつかは正規雇用されたいのですが、そんな相談にも乗っていただますか?
会社の組合があるのに外部の組合に入っても大丈夫でしょうか?

ユニオン事務局Re:組合への加入について2016年9月14日(水) 12:54
もちろん大丈夫です。
労働組合への加入そのものは、労働者の当然の権利として保障されています。
会社の許可が必要ではありませんし、加入したことで不利益になることはありません。
相談にあった正規雇用についてですが、「労働契約法の一部を改正する法律」(平成24年8月10日公布)によって新たなルールが決められました。それが、無期労働契約への転換です。有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールです。(有期労働契約から無期労働契約への転換の申し込み)

有期労働契約とは、1年契約、6カ月契約など期間の定めのある労働契約のことです。
パート、アルバイト、契約社員などの呼びかたみ関係なく、有期労働契約で働く人であれば新しいルールの対象となります。

いっぽうで、無理な雇止めが起きる可能性も否定できません。
それは、会社から契約期間の通算が5年を超える前に契約更新を拒否される場合です。
改正法の施行が平成24年8月ですから、まもなく5年が経過します。会社が有期雇用のままで雇っていたいと考えれば、雇止めすることも検討するでしょう。しかし、雇止めについても、最高裁判例で確立した「雇止め法理」がそのままの内容で法律に規定されました。一定の場合には、使用者による雇止めが認められないことになるルールです。契約更新を拒否されることを防ぐためには、何に気をつければいいかということを考えておく必要があります。
資料請求ページからの入力で資料を送りますので、ぜひ加入をご検討ください。

某県の地方公務員地方公務員でも加入できますか2016年9月15日(木) 11:53
私はある地方の市職員です。
障害者枠で採用されています。
難病なのにサービス残業しながら頑張りすぎたので、体調を崩してしまいました。
これまでも忙しい時期になると同じように体調を崩していましたが、まったく配慮されません。直属の上司は、障害に理解がまったくなく平気で暴言をはきます。
職場の労働組合にも相談しましたが、悪いのはあなたのほうと言われてしまいます。
そちらに加入して、改善を求めることは出来ますか?

ユニオン事務局Re:地方公務員でも加入できますか2016年9月20日(火) 13:03
ソーシャルハートフルユニオンに加入いただくことは可能です。
しかし、地方公務員については、労働基準法ではなく地方公務員法のルールの下ではたらくことになっています。そのため、職場問題については(懲戒等の人事権の行使を適正に行うために設けられた)公平委員会という行政委員会の管轄になります。
つまり、ソーシャルハートフルユニオンに加入してユニオンから勤務先に何かを求めても、相手が対応しなくてもいいということです。
また、自治労、自治労連だけが労働組合として認められています。相談いただいた方もどちらかに加入されていると思われますが、組合員の相談に真摯に向き合うことは労働組合の基本です。組合本部へ相談文書を送るなどしてみてはいかがでしょうか。

実は、このような説明をさせていただきご理解いただいたのちに、ソーシャルハートフルユニオンへ加入される都道府県職員や地方公務員の方が少なくありません。
法律は理解するが、なんとか現状を変えたい。今のままではどうにもならない。そのような理由からです。
ソーシャルハートフルユニオンでは、これまで都道府県知事や各市町村長に対して改善要望書を送ったり、自治労・自治労連へ個別対応をお願いしたりしたケースがあります。無視されたり門前払いされたりしたケースは一度もありません。ほとんどの都道府県・市町村長で何らかの対応をして改善した事例がほとんどです。
労働組合のソーシャルハートフルユニオンとしてではなく、はたらく障害者の専門組織からの意見・提案としてきちんと取り上げて対応してくれるからのようです。

匿名でお願いします就業規則2016年9月2日(金) 14:22
よろしくお願いいたします。
会社の雇用契約書に、その他は就業規則に準ずる と書いてあります。
ちなみに、私は会社の就業規則を見たことがありません。
どこにあるかも全く知らされていませんでした。
どうすればいいでしょうか?そもそも就業規則って何ですか?

ユニオン事務局Re:就業規則2016年9月5日(月) 14:18
就業規則は、会社と労働者がどのようなルールではたらくのかを定めたものです。
会社が求人募集するときに労働条件が書かれていますが、それ以外の内容については就職してから詳しく見ていくことになります。
就業規則に書かれている主な内容は、(採用や試用期間、人事異動や休職、服務規律にはセクハラやパワハラの禁止、遅刻・早退・欠勤について、休憩時間や休日、時間外及び休日労働、有給休暇の取り決め、賃金と各手当、昇給や賞与、退職金、定年、解雇、懲戒)など多岐にわたります。
日本の習慣では、労働契約の重要な事項のほとんどが就業規則に記載されているので、労働契約を締結した労働者は、就業規則を一括承認したとして扱われます。
つまり、労働契約を結ぶと同時に就業規則を認めたことになるとされているのです。

就業規則は、会社が労働者に周知する義務があるとされていますが、はたらく人が何もしなくていいという訳ではありません。就業規則は、以下の方法によって労働者に周知させなければならない(労働基準法第106条)と決められています。
1.常時各作業場の見やすい場所に掲示し、又は備え付ける。
2.書面を労働者に交付する。
3.磁気テープ、磁気ディスクその他これらに準ずる物に記録し、かつ、各作業場に労働者が当該記録の内容を常時確認できる機器を設置する。
しかし、就業規則の周知については、上記の方法だけでなく、労働者が知ろうと思えばいつでも就業規則の存在や内容を知りうるようにしておけばいいとされています。
つまり、はたらく人が知ろうとすることも重要になります。

もっとも問題になるのが、不利益変更です。会社は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、労働者が不利益になる労働条件に変更することはできない(労働契約法第9条)とされています。しかし、そもそも就業規則を知らなければ、何が不利なのか知ることができません。
専門的な解説はここでは省きますが、まずは労働者が就業規則を隅々まで読むということが必要です。
「就業規則を見せてください」と申し出たのに、会社があれこれ理由をつけて見せないようであれば、大きな問題がある会社と言わざるを得ません。

匿名希望障害者のアスリート採用について2016年8月31日(水) 11:32
私は水泳でパラリンピック出場を目指している身体障害者です。
現在いくつかの会社からアスリート採用の誘いがあるのですが悩んでいます。
会社から給料をもらって競技をバックアップしてもらうのは魅力ですが、選手として活躍できなければ辞めなければいけないのか?パラリンピックに出れなかったらどうなるのか?と考えてしまいます。どんな点に注意すればいいか教えてください。

ユニオン事務局Re:障害者のアスリート採用について2016年9月1日(木) 10:43
2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催がいよいよ近づき、たくさんの企業が障害者アスリートに関心を寄せています。
ソーシャルハートフルユニオンにもアスリート採用されて競技に打ち込んでいる方々がいます。

多くの会社では、一般的な雇用契約に加えて「アスリートとしての活動を業務に含む」としているようです。
また、「会社が指定する大会への出場」「会社の活動への参加」「会社の広告塔の自覚を持って問題行動を起こさない」などの特約条項を設けている契約になっています。

会社としても初めての採用というケースがほとんどですから、障害者アスリートの雇用契約は今のところ「手探り状態」が実情です。
心配なことがあれば面接などで細かく聞いてみるべきでしょう。
また、契約書の文面には堅苦しく窮屈に感じる内容も含まれますが、考え方としては「社員として、何かをする前に会社に相談する」で問題ないと考えられます。

体力的な問題から「選手として期待に沿えなくなったときに、退職を迫られるのではないか?」などの問題については、どう対応するのか決めていない会社も多いようです。いずれ問題になる可能性はありますが、これからの課題ですから過剰な心配は避けたほうがいいかも知れません。

石川県在住の精神3級最低賃金について2016年8月3日(水) 18:49
このまえ最低賃金が上がるというニュースを見ました。
障害者の私の給料も上がるんですか?
自分でやらなければいけないことはありますか?

ユニオン事務局Re:最低賃金について2016年8月3日(水) 18:50
障害者の給料も、もちろん上がります。(就労移行支援A型を除く)
最低賃金は会社が守らなければならないルールですから、はたらいている人が特にすることはありません。ただし、自分がはたらいている都道府県の最低賃金がいくらになったのかは知っておくべきでしょう。新たに雇用契約書を作り直す会社もありますから、そのときに必ず確認してください。

参考)平成28年7月13日に、安倍首相が最低賃金を3%引き上げるよう閣僚に指示しました。実現すれば、時給ベースの最低賃金(全国平均)が24円アップの822円になります。今後、厚生労働省の審議を経て7月末頃に引き上げ幅の目安が示されます。その後、各都道府県が議論して、10月1日から各都道府県で新たな最低賃金が適用される見通しです。

1 2 3 4 5 6  全 72件(未掲載 0件)
CGI-design